老化防止サプリで、毎日をイキイキ過ごそう

HOME » 注目の老化予防成分「わさび」の実力を検証 » ワサビスルフィニルの解毒・抗酸化作用

ワサビスルフィニルの解毒・抗酸化作用

わさびの機能性成分「ワサビスルフィニル」にはさまざまな健康効果がありますが、その中でも知っておきたい重要な効果は「解毒作用」と「抗酸化作用」です。

ここではその2点について、もっと詳しく紹介したいと思います。

野菜の中でもナンバーワンの解毒作用

人間は魚やお肉のコゲ、排気ガスなどにより、絶えず体の中に有害物質が取り込まれています。この有害物質が酵素によって代謝されると発ガン物資などの「毒」へと変化をしてしまいます。

しかし、この「毒」を無害化して体外へ排出しやすくする解毒酵素と呼ばれるものがあります。それが本わさびに含まれる「ワサビスルフィニル」です。

その解毒力は野菜の中でもナンバーワン。ラディッシュやタマネギ、小松菜、春菊なども高い解毒力を持つ野菜ですが、本わさびは大きく上回るほどです。

1日5gというわずかな量でも十分な力を発揮してくれるので、健康な体づくりの土台として活躍します。

体をしっかり守る、持続力の高い抗酸化作用

ワサビスルフィニルには活性酸素の発生を抑える高い抗酸化力があり、さらに体本来の抗酸化力も高めるという効果も持ち合わせています。

つまり、体のサビつきを抑える力が高いので、老化による冷えや痛み、元気がなくなるといった現象を防ぐことができます。

発生した活性酸素を消去するだけでなく、発生そのものを抑える働きがあるのもポイントです。老化をしっかり防ぎ、さまざまな病気から体を守ることができます。

作用の持続力はなんと24時間以上
持続的に働きかけてくれるので毎日サプリメントを摂るだけでワサビスルフィニルの効果をしっかり感じることができます。

まだある!ワサビスルフィニルの効果を見る>>

 
今日から始めたい 老化防止サプリガイド