老化防止サプリで、毎日をイキイキ過ごそう

HOME » 注目の老化予防成分「わさび」の実力を検証 » わさびの効能

わさびの効能

わさびの機能性成分「ワサビスルフィニル」の主な効果である解毒作用と抗酸化作用
この2つ以外にもさまざまな効果があるので、ここでその他の効能としてまとめて紹介していきます。

ワサビスルフィニルの効能一覧

健康効果

【食中毒予防効果】
わさびの抗菌作用には微生物の増殖を抑制させる効果があるため、食中毒の予防につながります。江戸時代には生魚を食べるときに一緒にわさびを食べて、食中毒や寄生虫の予防をしていたといわれています。

【冷え改善】
ワサビスルフィニルが血栓を防ぎ、血液をサラサラに変えてくれます。その結果末しょうの血流が良くなるため、冷えを改善する効果があります。

【疲労感の改善】
抗ストレス効果により、疲労感やイライラなどが改善されると、血液分析においても有効性が認められています。

【ひざ関節痛抑制作用】
日常生活での動きにおける膝関節痛の痛みを軽減する効果があります。例えば正座や階段の昇り降り、立ち上がりといった動作に改善効果が見られるという結果があります。

【炎症抑制作用】
ワサビスルフィニルには炎症の悪化を抑制する効果があります。濃度が高いほど炎症の原因となる好酸球遊走速度を抑えられることが分かっているため、ワサビスルフィニルには抗炎症作用があると考えられています。

【糖尿病合併症予防作用】
糖尿病モデルマウスにワサビスルフィニル含有食を摂取させたところ、腎機能障害の指標になる尿中アルブミン量やクレアチニンクリアランスなどが低下していることが認められています。このことからも糖尿病性の腎機能不全を防ぐ効果があるようです。

【花粉症軽減効果】
スギ花粉症の患者にワサビスルフィニル配合のサプリメントを12週間摂取したところ、例年よりも症状が軽くなったと応える方が60~70%以上いることが分かりました。この花粉症軽減効果には抗炎症作用が関係しているようです。

【血液サラサラ効果】
本わさびの辛味成分には、血小板の固まりを溶かす作用があります。そのため血液そのものがサラサラとなり、ドロドロだった血液がスムーズに流れるようになるという嬉しい効果がもたらされます。

【覚醒効果】
滋賀医科大学医学部精神医学講座の今井講師の研究により、わさびの香りに覚醒作用があることが明らかされました。眠っている被験者14人にわさびのにおい成分をスプレー噴射したところ、そのうちの13人が10秒~2分の間に目を覚ましたという結果が得られたそうです。

美容効果

【デトックス効果】
わさびに含まれるスルフィニルには、体内に溜まった化学物質や重金属などの有害物質の解毒を促し、体の外へ排出させる効果があります。このため、毒素や老廃物の排出によるデトックス効果が期待できます。

【ダイエット効果 】
消化液の分泌を促す効果により、消化機能が活発になって脂肪分が体内に蓄積されにくくなります。消化力アップによって胃もたれや消化不良、便秘の予防にもつながります。

【むくみ改善効果】
ワサビスルフェニルの働きには、体内の余分な水分を排出してむくみを改善する効果もあります。さらに、新陳代謝が促されることにより、体を温められるので、冷え性の解消効果も期待できます。

【美肌効果】
高い抗酸化力により肌のシワやシミの原因を取り除きます。ワサビスルフィニルが内側からサポートするため、肌のハリを保ち若々しく健康な肌を保つことができます。

ワサビスルフィニル配合サプリ「わさび&オリーブ」の詳細はこちら
↑↑お得な定期コースもあります↑↑

 
今日から始めたい 老化防止サプリガイド