老化防止サプリで、毎日をイキイキ過ごそう

HOME » 注目の老化予防成分「わさび」の実力を検証 » わさびの機能性成分スルフィニルとは

わさびの機能性成分スルフィニルとは

わさびに根茎に含まれる健康成分「ワサビスルフィニル」は、わさびの老舗である金印物産が特許製法で抽出した、健康パワーを多く含んだ貴重な成分です。

わさびの成分「ワサビスルフィニル」の効能

ワサビスルフィニルの効能は次のとおり。ここではまとめて紹介します。

(1)解毒作用
野菜の中でも一番高い解毒パワーを持っています。肝臓の解毒代謝酵素の活性を高めるので、発ガンの予防にもつながります。

(2)抗酸化作用
ストレスや高血糖などが原因による体内に過剰発生する活性酸素から、体を守ってくれます。

(3)血流改善作用
本わさびを食べると血流の流れがアップします。研究結果では本わさびを食べて1時間後には14人中13人で血流アップが確認されています。

(4)がん細胞転移抑制作用
わさびには発ガンを抑えたり、転移を抑制したりする作用があります。

(5)糖尿病合併症予防作用
糖尿病性の腎機能不全を防げる作用があると考えられています。

(6)花粉症軽減効果
抗炎症作用があるため、スギ花粉症を軽減する効果があると考えられています。

(7)炎症抑制作用
ワサビスルフィニルの濃度が高いほど炎症の原因を抑えられる、抗炎症作用があると考えられています。

(8)膝関節痛抑制作用
関節痛のある方にワサビスルフィニルを12週間摂取させたところ、正座や階段の昇り降り、立ち上がり時や歩行時などで改善が見られています。

(9)美肌効果
ワサビスルフィニルを12週間摂取させたところ、被験者の肌が明るくなり、シミ・ソバカス結果にもおいても改善効果があることが分かりました。

ワサビスルフィニルの上手な摂り方

ワサビスルフィニルの健康効果を上手に摂り入れるためには、いくつか気をつけておきたい点があります。

西洋わさびには含まれていない

まず、わさびと一口に言っても、日本原産の「わさび」とヨーロッパなどを原産とする「西洋わさび」は違うものになります。どちらも香りや辛みを楽しめますが、姿形や風味はかなり違うもの。

重要なのは健康成分であるワサビスルフィニルを西洋わさびは含んでいないことです。ワサビスルフィニルを摂ろうと思うなら、日本原産の「わさび」でないといけないので気をつけましょう。

生のわさびでは大量摂取するのは難しい成分

チューブわさびは手軽にわさびを摂ることができるので、ついつい利用しようになりますが、実はチューブわさびにはワサビスルフィニルがほとんど含まれていません

そもそもおろしわさびで大量摂取をするのは難しいため、生のわさびで補うよりも、サプリメントで補った方がとても賢い方法だと言えます。

ワサビスルフィニル配合サプリ「わさび&オリーブ」の詳細はこちら

 
今日から始めたい 老化防止サプリガイド